Fight with RSD&CRPS


このブロブはRSD&CRPSと腓骨神経麻痺の闘病日記です。是非、同じ症状で苦しんでいる方、一緒に頑張りましょう!
by fight-with-rsd
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
お気に入りブログ
カテゴリ
以前の記事
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:入院( 186 )


入院230日目

やっとやっと一時退院が正式に明日の午前中に決まりました。
今日の朝からも、主治医と連絡がとれないとかで、ドタバタしましたが、本当に明日、家に帰れるようになりました。blogも今日で『230日目』になってしまってました。気がつけば、入院した時は2月末からだったので、しかも、最初の入院時に聞いたのは、長くて2~3週間で早ければ1週間くらいの入院のはずが、気がつけば今月で8ヶ月になってしまってました。
今年は沖縄に来て2年になるので、目一杯夏にマリンスポーツを楽しもうと思ってましたが、今シーズンは何も出来ないままに終わってしまいました…。
でも、沖縄の夏は今年だけでは無いので、もう頭の中は、来シーズンにどんな事だったら、自分の身体でも出来る事を探す事でいっぱいです。
明日、退院をし、また約1ヶ月後に入院し再手術を受けますが、その後のリハビリの間は短い冬なので、冬の間に頑張れば、来シーズンには沖縄の海に戻れると思いますっと言うか、絶対に戻ります。
そう考えると、再手術や手術後には、また最初からのリハビリになると思いますが、何とか頑張って乗り切れると思います。
まだまだ先は長いのですが、来年の夏のブログには、沖縄の綺麗な水中の熱帯魚の魚群の写真やムービーをUPしますので、楽しみにしていて下さいね。
また、家に帰っても出来る時はblogの更新をしたいと思ってます。でも、まずは新婚生活を楽しんでからになるとは思いますが…。

by fight-with-rsd | 2006-10-12 12:12 | 入院

入院228日目

先週に抗生物質の点滴をやめて、心配していた連休中の発熱も無かったので、予定通りに13日の金曜日に退院が出来そうです。まだ主治医と話しをしていないので、確実では無いのですが、先週の週末に『連休中に発熱が無ければ、金曜日に退院が出来る』と聞いていたので、まず間違いなしに家に帰れそうです。
でも、家に帰っても次の手術に耐えれるようにしっかりと休養(全身麻酔での手術は約1~2ヶ月あけないと、出来ないそうです。)し、出来るだけ早く先生から再手術のOKをもらって、今度こそは、体調も全て万全の体制で手術を受け、リハビリをし、一日でも早く社会復帰が出来るように、家での休養中も家の中でや、自分でも出来るリハビリに頑張ろうと思ってます。
まだ先は長いとは思いますが、気持ちの切れる事の無いように精神的にも強くなるように頑張りたいと思ってます。

by fight-with-rsd | 2006-10-10 13:38 | 入院

入院225日目

やっとやっと嫌な点滴が終了しました!
血液検査の結果で白血球も正常値に戻っているし、前回高熱が出た時は正常値の50倍まで上がっていた、炎症の値もほぼ正常値に近い値に戻っていたので、昨日の夜の抗生物質の点滴で終了しました。
この抗生物質の点滴が無い状態で、来週中に再度発熱が無ければ、やっとやっと待望の一時退院です。まだ正式には決まって無いのですが、非常に嬉しいです。来週は発熱しないように、大人しく大人しくして、家に帰れる事を願ってます。

by fight-with-rsd | 2006-10-07 10:10 | 入院

入院223日目

f0054884_1995255.jpg

一度終わった点滴がこの前から抗生物質の点滴で、復活しています。
その点滴が、今日抜けてしまいました。しかも、今日は麻酔科の外来が休みで、自分の主治医が昼間病院にいないので、点滴のライン取りは麻酔科の別の先生が点滴を取ってくれたのですが、自分の主治医以外で一回で点滴を取れた先生はいない位、自分は点滴は取りにくいそうです。今日の先生は外来でいつも会う先生で、多分麻酔科で一番ベテランの先生だと思います。その先生だったので、少しは安心していたのですが、あまかったみたいです…。写真で写っている(ちょっとわかりにくいですが)注射の跡以外にもまだ4~5箇所あります。まぁその後に何とか取れたのですが、もう左手はボロボロでかなり血管も潰れているようです。
次の手術までには、こういう傷も治す為に1~2ヶ月位あけて、身体の中も外も綺麗に治して仕切り直しです。
今は多分来週中には出来る、一時退院が出来るように大人しくして、ベッドで祈ってます。

by fight-with-rsd | 2006-10-05 19:09 | 入院

入院221日目

また生きるか死ぬかっていうような熱がでました。このブログを書けているので、何とか助かりました。
1日の午前中から、軽い寒気があったので、毛布をもらって、寝ていたのですが、午後になって38度後半に上がって、夜になって解熱剤などの点滴をしてもらった時には39.4度になっていました。急激に熱が上がったので、もうその時は意識は朦朧としていました。
夜になって、嫁さんが仕事が終わって、病院にかけつけてくれて、点滴の終わった後にもずっと氷枕や着替えなど色々看病をしてくれたので、何とか熱も平熱に下がり、こうしてブログを更新出来るようになりました。
発熱の原因ですが、今のところはっきりした原因はわかっていないのですが、前回の細菌がまだ残っていたのか、前のブログに書いた右腕の点滴の跡の腫れが未だに腫れやしこりも残っているので、もしかしたら、この右腕も新しい細菌が入っている可能性も大きいという事で、今、血液培養で、どんな細菌が血液中にいるのか調べている最中です。
でも、このまま熱が安定していれば、来週中にはやっとやっと一時退院が出来るので、それまでは我慢って思っています。

by fight-with-rsd | 2006-10-03 10:42 | 入院

入院218日目

f0054884_10311722.jpg

抗生物質の最期の点滴の跡が未だに痛みます。写真でもわかるように点滴が漏れた様子もありません。今日の回診で先生に聞いても、痛みは、多分点滴を入れていた静脈の炎症で皮膚が赤くかぶれたようになったのは、点滴が漏れたりして、痛みや熱感があった時に使う液体の湿布をガーゼに染ませて、患部にあてていたのが、皮膚が負けてかぶれた様です。
折角最近薬の量が減ってきた所だったのに、また急性の炎症に効く薬は飲んでいないと言う事で、今日から1日3回追加になりました。
何か身体を良くする為にしていた点滴で炎症が起き、それを治す為にした湿布でかぶれ、最期に炎症止めの薬を服用って本当にいったい何をしているのか、わからなくなってきました。
でも、この薬で腕の炎症が治ってくれれば良いのに…。
今度の入院で、前からわかっていた事ですが、自分の肌の弱さが今迄に思っていた以上に弱い事がわかりました。わかってもじ自分では、どうもしようが無いのですが。
でも、この腕の炎症が治り、来週にする血液検査の結果が悪く無ければ、待ちに待った一時退院が見えてくるので、もう少し頑張ろうと思ってます。

by fight-with-rsd | 2006-09-30 10:31 | 入院

入院216日目

今日は怪我をした施設の会社の方がお見舞いに来て下さいました。
今回、怪我をした事は不幸な事ですが、施設の会社の方々が本当に誠意を持って対応して頂いて、怪我をした不幸を忘れさせてくれる程、自分の事だけではなく、妻の事まで真剣に考えて頂いています。
怪我をした事は過去の事で、今は安心をして治療に専念出来る環境を作って頂いているのは、本当に有り難く感謝しています。

by fight-with-rsd | 2006-09-27 22:16 | 入院

入院215日目

f0054884_19483845.jpg

今日の夜から抗生物質の点滴が無くなりました。理由は、主治医の先生が内科の先生に自分の微熱や点滴をすると、2日も保たずに腫れと痛みですぐに抜かないといけない状態を説明すると、前回の手術の後からずっと、毎日点滴をしていたので、逆に抗生物質が原因で微熱が出ている可能性があるという事と、傷口は化膿もせずに綺麗に塞がってきているので、抗生物質はやめて、通常の薬と血液検査で様子をみて、傷口が完全に塞がって、微熱も出ないようになり、血液検査の結果が良ければ、待望の一時退院が出来そうです。
それまでは、後もう少し頑張ろうと思ってます。
上の写真はもう点滴のラインを取る場所が無くなった左手です。もう限界で、点滴を抜いた跡は全て赤く腫れて、元に戻るまで、1~2週間かかります。右手も同じような状態です。
後、手の甲をエコーで確認してもらうと、血管はあっても、血液が流れていない血管が幾つかあるそうです。


by fight-with-rsd | 2006-09-26 19:48 | 入院

入院213日目

今日は傷口の消毒に主治医の先生が来てくれたので、色々と聞いてみました。
まず、傷口の回復は順調に回復しているので、後1~2週間で入浴や外泊などが出来るようになるそうです。
毎日のように出ている微熱は毎日朝・夜に抗生物質を点滴しているのですが、ひつこい細菌が残っているので、微熱が出ているそうです。そのために微熱が出ないようになるまで点滴はしないといけないそうです。(でも、そろそろ手がボロボロで点滴を刺す箇所が無くなってきているのですが…)
後、やはり傷口が完全に治って、微熱も出ないようになってから、最低1ヶ月は再手術まで期間をあけないといけないそうです。
社会復帰の事を考えると、傷口が治ったらすぐに再手術をして欲しいのですが、体力や色々な事を考えて、最低は1ヶ月はあけないと、もう再手術は左側のお腹に埋め込むそうなので、念には念を入れて手術をしないといけないので、すぐには出来ないみたいです。
まぁその間は一時的に退院して、家に帰れるので、複雑な気持ちですが、結婚してから、全然嫁さんと一緒に生活が出来ていないので、この間はじっくりと2人の生活を楽しみたいと思っています。それで体力を付けて、精神面でもリフレッシュをして、再手術に挑みたいと思ってます。

by fight-with-rsd | 2006-09-24 10:52 | 入院

入院211日目

今日無事に3箇所に入っていた、膿などを排出させるためのドレンがやっと抜けました。このドレンが入っている間は傷口が一部開いたままだったので、当然シャワーも浴びる事も出来ないし、毎日の消毒の度にその開いている傷口に消毒液が入ってくるので、涙が出そうになる位しみて痛かったです。
でも、これで後は傷口が塞がれば(1週間位で塞がるそうです。)シャワーも浴びれるし、再手術までには、最低1ヶ月は間をあけないといけないので、待望の一時退院で家に帰る事ができそうです。
身体が治っての退院で無いのは少しブルーですが、一度家に帰って、身体も心も再手術に立ち向かえるようになってから、再度入院し、再手術をして、次の退院の時には、最低でも装具+松葉杖で歩けるようになりたいと思っています。それまでにはまだまだ色々な事があるとは思いますが、今日はまず僅かですが前進出来たので良かったと思っています。

by fight-with-rsd | 2006-09-22 20:16 | 入院